記事内に広告が含まれています。

PAYPA・クレカ【引越し料金がポイントでお得!支払いタイミング・方法まとめ】

Woman holding clothes on the table in the room

引越しの際、料金の支払い方法について迷うこともあるかもしれません。

令和となった現在では、現金振込だけでなくクレカジットカードはもちろん、PAYPAYといったキャッシュレス決済を選べる会社も増えてきました。

高額な引っ越し料金の支払いを遅らせることができるので、費用的にもありがたいですし、決済方法によってはポイントがたまるのも嬉しいです。

とはいえ、引越しは忙しいタイミングになりますから、あなたの生活スタイルに合った支払い方法で、新生活を気持ちよくスタートさせましょう。ちょっとしたコツで、もっと引越し料金で得しちゃいましょう。

引越し料金 現金払いのタイミング/振込払いは前日までが基本

引越しをする際の現金払いですが、タイミングとしていつまでに支払う必要があるのかは重要なポイントです。

一般的に、引越し業者は現金払いの場合、引越しの作業が始まる前に料金を払うことを基本としています。業者によっては、荷物積み込み完了時に支払うという所もあるようです。

これは、業者としても作業の確実性を取るために各社そのようにしているようです。

振り込みの場合ですが、当日の混乱を避けるためにも、前日までに支払いを済ませることが推奨されています。

もし、何らかの理由で前日までに支払いが難しい場合は、事前に業者と相談することが大切です。多くの業者は柔軟に対応してくれることが多いので、安心して相談してみましょう。

引越し料金を現金払いは領収証を必ずもらう

引越し代金を直接手渡しで払う場合、は必ず領収証をもらいましょう。なぜかというと、領収証はお金をちゃんと払った証明になります。もし、後で「お金の金額が違う」とか「払ってない」と言われた際でも、領収証があれば大丈夫です。

また、税金を支払う時の証明書にもなるますから、お金のやりとりの記録としても役立ちます。だから、忘れずにもらいましょう。

後払い対応の会社も数社ある

後払い対応の引越し業者も少数ですがあるようです。

後払いは引越し作業が終わった後に、NP請求書をもらって後日支払う方法などがあります。前払いして追加料金を取られるということはないので、その点は安心ですね。

後払いを選択する際は、実際に支払いする期日などをよく確認して出費予定を固めておきましょう。

引越し料金・現金払いでトラブルを起こさないために

引越し代金の現金での支払いは、トラブルの元になることもあります。例えば、悪徳業者に当たってしまうと、「もっとお金が必要だ」と後から言われることもあるんです。そんな時、領収証がないと証明が難しくなってしまいます。本当に必要なのかどうかをまず確認しましょう。

なるべくであれば、有名な引越し会社に頼むと、しっかりとした対応をしてくれることが多いです。ただ、どんなに有名な会社でも、最初からちゃんと料金や支払い方法について確認しておくことは大切です。後から「こんなはずじゃなかった」とならないように、細かい点もしっかりと確認しましょう。

トラブルを避けるためには、事前の情報収集も大切です。口コミや評判をチェックして、安心して引越しを進められる業者を選ぶことをおすすめします。

引越し料金をクレジット払い/分割払いやボーナス払いで負担減

クレジット払いで引越し代金を支払う人が増えいますし、それに対応する引越し会社も多いです。クレジット払いのメリットはやはりポイントが貯まることですよね。クレジットカードのポイントは、後でいろいろな特典に交換できるので、費用負担を減らすことにもなります。支払いも遅らせられるので、出費の多い引越しのタイミングでは助かります。

ただし、デメリットもあります。対応している業者がないことがあったり、引越し業者によっては手数料がかかることも。その手数料、意外とバカになりません。なので、依頼する引越し業者がどのように対応しているかを確認しておきましょう。

だいたいの引越し会社が「一括払い」のみの支払い回数になっていますが、「分割払い」や「ボーナス払い」にも対応している引越し業者もあるようです。

引越し料金のクレジットカード払い/引越し会社別

有名引越し会社のクレジットカード払いでの対応は下記表となっています。

支払い方法はいくつか用意されていますが、念のため窓口にも確認して実際に決済できるかを知っておきましょう。

カード決済 カード分割払い
サカイ引越しセンター
日本通運 分割(3、6回、リボ払い対応)
アート引越し
ヤマト運輸

分割払いなどの対応をしている会社は少ないですね。

ボーナス払い対応の会社もある

カード払いをするにあたって、ボーナス払いを検討している人もいると思います。

ボーナスが入る、入らないにかかわらず、支払いを最大で約半年ほど引き延ばすことができるので、出費の多い引越しでは助かりますよね。

多くの引越し会社では、上述の通り一括払いのみでの対応がほとんどですが、ボーナス払いを取り扱っている引越し会社もあります。

東京・神奈川がエリアになるようですが、ファミリア引越しセンターがその一つ。

クレジットカードのボーナス払いを支払い方法として受け付けている引越し会社も、各地にあるかもしれませんので、引越し会社を選ぶ際の基準にしてみましょう。

PAYPAY(ペイペイ)・キャッシュレス決済での引越し料金支払い

PAYPAY(ペイペイ)をはじめとした、キャッシュレス決済(QRコード決済)にも、対応している引越し会社が増えています。

引越し料金は単身で3万円~10万円・・・家族で10万円~40万円程度の出費になることが多いので、これらの決済にキャッシュレス決済を使うことで、ポイントを得ることができます。

クレジットカード決済でも独自のポイントが付きますが、キャンペーン期間だとポイントが増額されていることもあるので、どの決済方法がいいかを選んでおきましょう。

キャッシュレス決済
サカイ引越しセンター PayPayが使えるとの情報有り。詳細は窓口で確認しましょう。
日本通運 楽天ペイ(アプリ決済)、LINE Pay、PayPay、メルペイ、d払い、WeChat Pay、Alipay、ゆうちょPay、au PAY、J-Coin pay
アート引越し PayPay、メルペイ、楽天ペイ、au PAY、d払い、AEON Pay
ヤマト運輸 PayPay・楽天Pay・ d払い・ auPAY・メルペイ

有名どころの引越し会社のPAYPAY払いを中心としたキャッシュレス決済は、上記のようになっています。

現時点で、支払いできるアプリが変わっている可能性もあるので、依頼の際に念のため確認しておきましょう。

引越し業者の料金の支払い方法・まとめ

引越し業者の料金の支払い方法について、様々な方法が用意されていることが分かりました。

いずれにせよ、引越し業者に支払う金額は高額になるので少しでも出費を抑える意味でもポイントが付く支払い方法などを選んでおくのがいいでしょう。

一括見積サービスなどを利用することで、各社の支払い方法などについても知ることができます。

引越しするときのタイミングで、あなたのお財布事情に合わせて適切な引越し業者・支払い方法を選ぶようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました